撫子オフィシャルサイト 書作品・篆刻のご注文承ります。

ごあいさつ

「撫子オフィシャルサイト」へのご訪問ありがとうございます。

“撫子” という名は雅号(がごう)です。
雅号とは、文人・画家・書家などが本名以外につける風雅な名のことです。
源氏名ではありません…。

そもそも何故 ”撫子” という名になったのかをお話します。
私は、奈良県で生まれました。
そして、本名は「山本」といいます。
師から雅号を賜る際に、覚えやすい名が良いとのことになり、奈良県生まれ、 奈良 = 大和、大和といえば…大和撫子。
そうだ! 山本撫子 がイイじゃないか‼︎ と駄洒落のような雅号を頂戴しました。

当時は、なでしこJAPNが破竹の勢いで活躍しており、展覧会の度に重はがゆい思いをしていました。

そしてある時、ふとインターネットで「山本撫子」と検索をしてみると。。。
そこには驚きの検索結果が表示されていたのです‼︎
「ひざまくら耳かき 山本撫子庵」「当店は風俗店ではありません」「撫子庵 耳かき小町を募集中」etc
都内に約30店舗ほどある人気店 ”山本撫子庵”
スクロールしてもしても ”山本撫子庵” だらけでした。
吹き出しました。。。

しかし、雅号を変えるわけにもいかず悩んだ末に、思い切って師に事情を話したところ、あっさりと「山本を取って 撫子だけにしたら良い」と言っていただき、雅号が決まった時と同じく驚きのスピードで一件落着となったのです。

書とは関係ない雅号のお話が長くなってしまいました。

現在、私は古典を拠り所にしながら、美術手法を取り入れ現代に通じる書を提案しています。
”書は人なり” という言葉があるように、書には人柄・思考・心情が表れます。
先人たちを道標に自らの表現世界を切り拓いていくことを求め、常に挑戦者であり続けたいという想いで制作に向き合っています。 

作品に興味をお持ちいただけましたら、ぜひ「山本撫子」と検索しお問い合わせください。
ご依頼をお待ちしております。

nadeshiko_name.gif

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional